TOPjt小学部

「成績向上」のためのシステム:7つの特長

Rコース
基礎から応用まで、全国に通用する高学力の育成
詳細へ
最適なコースとカリキュラム
それぞれの進学目標にあわせたオプション講座
詳細へ
授業スタイル
充実の3部構成。興味関心を引き出す「対話型授業」
詳細へ
豊富なラインアップ豊富なラインアップ クリックすると詳細が表示されます
さまざまな教材で効率的な学習
家庭学習力をつける『スタージュ』、「わかった」を「できた」に変える『演習シート』、安心の欠席・遅刻サポート体制もあります。
保護者のみなさまとの連携保護者のみなさまとの連携 クリックすると詳細が表示されます
学習情報のご提供、ご家庭とのコミュニケーション
保護者面談、保護者の方々のご意見等を頂戴する『保護者アンケート』、入館・退館時刻お知らせ『安心メール』、『お客さま相談室』等を実施しています。
トータルサポートシステムトータルサポートシステム クリックすると詳細が表示されます
個人担当制の学習アドバイスなど、豊富な支援体制
必ず回答する「質問BOX」、「本部・教科サポートデスク」、「自習室」の開放、個人担当制による「学習プラン」の作成支援、「学習アドバイス」、「弱点(苦手)教科対策」、「保護者説明会」を実施しています。
全国学力テスト
公立中高一貫校対策模試
トータルサポートシステム クリックすると詳細が表示されます
現在の実力をはかり、今後の学習の指針となる
現在の実力をはかると同時に、今後の学習指針をあたえるものとして、テストを重視しています。そのため、塾内テストから全国レベルを対象としたテスト、志望校判定のテストまで、用意しています。

・・・クリックすると詳細が表示されます。

Rコース

全国レベルで通用する高学力を育成するためのコースが京葉学院の「Rコース」です。

京葉学院の「Rコース」は、全国レベルで通用する高学力を育成し、中学へ上位の成績で進学することに主眼を置いています。生徒の興味・関心を高める「対話型授業」により、勉強の楽しさを会得し、自ら進んで学習するようになります。これにより中学・高校、さらには将来につながる学習意欲、学習習慣を確実につけていきます。 その上で、公立中学に進学、公立中高一貫校に進学、国私立中に進学、難関私立中に進学と、それぞれの志望にあわせて、小5からは、応用・発展に重きを置き、中学受験にも対応できるR1コースと、基礎・基本から応用までていねいに学習するR2コースに分かれます。

注)設置コースは校舎により異なります。

最適なコースとカリキュラム

多様な目標・目的に対応できる「最適なコースとカリキュラム」が選べます。

京葉学院の「Rコース」は、公立中に進学、公立中高一貫校に進学、国私立中に進学、難関国私立中に進学と、それぞれの志望にあわせて、次のオプション(選択)講座を用意しております。

小5からは、応用・発展に重きを置き、中学受験にも対応できるR1コースと、基礎・基本から応用までていねいに学習するR2コースに分かれます。


注)設置コースは校舎により異なります。

多様な目標・目的に対応できる「最適なコースとカリキュラム」が選べます

画像を拡大する

数個の質問に答えるだけのコース診断をしてみる

授業スタイル

復習⇒新たな学び⇒定着率の確認⇒家庭学習の積み重ねで真の学力を身に付ける授業スタイル。

  • 前回授業で出された課題など、家庭学習の成果を授業の前半でしっかり確認します。また、あわせて前回の授業内容や、基礎・基本の知識内容についての習熟度・理解度をはかる「PBチェック」を行います。そして、生徒一人ひとりの家庭学習に対する努力を「褒め」てあげる。これも教師の大切な仕事です。もし、家庭学習の「つまずき」があれば、授業内または授業前後にしっかりフォローし、確実に定着をはかります。
  • 家庭学習の成果をしっかりチェックして、授業に反映
  • 「対話型授業」は、教科内容の単なる知識伝達ではなく、興味・関心を引出し、生徒の「知的探究心」を高める授業です。そして、生徒一人ひとりをきめ細かく、ていねいに観察し、一人ひとりの心を奮わせることで「学習意欲」を高めていきます。何よりも、「学習意欲」を高めることができなければ、たとえ、どんなにわかりやすい解説であったとしても生徒の学習内容は定着しません。家庭でも「もっと勉強したい」と思えるような動機づけが行えるのも対話型授業の特長の一つです。
  • 学力を向上させるための伝統ある「熱く、競い合う」対話型授業
  • スポーツでもトレーニングは大切です。「わかる」ことと「できる」ことは違います。授業後の20分間で学習したことなどの定着確認を「演習シート」を用いて行います。演習シートは「基本」から「発展」までいくつかのグレードに分かれているため、本人の到達度により、未消化内容や弱点単元があれば基本問題を、得意であればより先をいく応用内容の発展問題にも挑戦させるなど、個別に対応していきます。加えて「思考力トレーニングシート」「表現力トレーニングシート」により公立中高一貫校対策のみならず、将来につながる思考力・表現力を着実に身につけます。疑問点は、その後質問コーナーなどを利用して解決していきます。
  • 授業の理解度・定着度に応じた「個別トレーニング」

・・・クリックすると詳細が表示されます。

小学3年生
考える楽しさを知ることが学習の第一歩
〈徹底した基礎固めと学習習慣の定着〉

小学5年生
わかることの面白さ。できる自信を与える!
〈増えてくる抽象的概念 基礎・基本を土台に 応用・発展を学習〉
公立中高一貫校をめざす
県立千葉中・県立東葛飾中・千葉市立稲毛高附中、合格までの道のり
小学4年生
より深く、より楽しく、学ぶ
〈基礎の徹底理解から発展問題まで段階を追って広範囲に学習〉
小学6年生
小学校基礎・応用レベルを徹底的にマスター!
〈基礎・基本をしっかり学びながら一歩先のレベルを見据えた学習〉
入学案内
入学の流れをご説明いたします。