TOPjt高校部jt提案型現役合格プログラム

  • 目標・目的別コース
  • 提案型講座選択システム
  • パワー・ライブ授業
  • 映像授業at will
  • パワー・ライブ授業
  • 映像授業at will

目標・目的別コース

現役生は忙しい!次から次へと波のようにやってくる、学校行事、部活動、定期テスト…。やるべきことがありすぎて、いざ受験勉強を始めようとしても「何から始めればいいのか」と悩んでしまうかも。そこで京葉学院は、目標や目的に合わせた適正数のコースを用意しています。高1生には高1生に、高2生には高2生に、そして高3生には高3生に適したコース数、バリエーション。高1のスタートは3コースから。高校生活と大学受験準備を無理なく両立。初めての定期テストにも万全の準備で臨みます。そして高1秋のPre-stage2からは4コースへ。さらに高2秋のFirst-stageからは8コースへ拡大し、本格的な文系・理系別学習がスタート。そして高3。国公立大志望と私立大志望別、また目標大学別に充実の10コース制で、浪人生に負けない現役合格力の完成を目指します。

目標・目的別コースの図

提案型講座選択システム

志望大学・学部の現役合格に向けて「いつ、何をすべきか」を迷う必要がないのは、提案型講座選択システムだから。それは「どの時期に、どんな教科・科目を学習すれば、現役合格の最短ルートをたどっていけるか」が、いつでもはっきりと分かる、優れたナビゲーション・システムのよう。提案型講座選択システムでは、ステージ(時期)ごとに@必修科目A選択必修科目B自由選択科目の3種類の枠が予め設定されていて、誰もが、目標大学ごとの受験科目を特定し、各科目の現在の学力を把握しつつ、あれこれ迷わずに的確な講座選択をすることができます。限りある時間の中で過不足なく入試準備を進めていきたい現役生にピッタリです。

提案型講座選択システムの図1
※校舎によって開講講座は異なりますので、詳細は各校舎にお問合せください。
スケジュール
提案型講座選択システムの図2
※校舎によって開講講座は異なりますので、詳細は各校舎にお問合せください。
スケジュール
提案型講座選択システムの図3
※校舎によって開講講座は異なりますので、詳細は各校舎にお問合せください。
スケジュール

パワー・ライブ授業で、わかりやすさを体感!

講師の語りかけを身近に感じる!オーディエンス主役ライブ環境

ここで言うオーディエンスとは、授業を受ける生徒のみなさんのことです。一般的に、予備校の授業は一方的な講義に偏りがちで、結果、受講生が消極的になり、学習効率が落ちてしまうこともあるようです。学習効果を高めるには、生徒自身の積極性を育む必要があります。京葉学院の授業はオーディエンスである受講生が主役。コーチング・マインドをベースにした講師の対話術によって積極性が誘発され、受講生は能動的になります。講師の語りかけがリアルタイムで伝わる刺激をパワー・ライブ授業で体感して下さい。
オーディエンス主役ライブ環境

内容の深さと広さをギュッと圧縮!本質理解主義

応用力のあるしなやかな学力を形成するには、学習内容の根本が充分に理解されていなければなりません。だからこそ京葉学院の授業では、原理原則、本質の理解にこだわります。「なぜそうなるのか」「なぜそう考えるべきなのか」が分かることを大切にしています。同時に、その本質理解を応用力形成に結び付けることにも十分に配慮します。入試では、点数に結び付く応用力がものをいうからです。
本質理解主義

「分かる+解ける」が実感できる

内容が「分かった」からと言って、テストでの高得点が保証されるわけではありません。「分かる」は「解ける」の十分条件ではないのです。一般的な予備校の授業では、理解を優先させ、解答作成力の養成は授業外の自助努力に委ねるケースが多いようです。京葉学院では、内容理解と解答作成力の両方を授業内で同時に養成するべく、原則90分サイクルの授業を採用しています。これにより「分かる+解ける」実感が授業内で得られ、やる気が沸き、家や自習室での自学自習にスムーズにつながり、学力向上を果たします。この授業時間ですら、講師たちのパワーあふれる授業展開で短く感じることでしょう。
本質理解主義

カリキュラム+テキスト+チェック・テスト

「分かる+解ける」が実感できる

「第一志望に現役で合格するには、どの時期に、どこまで学習が進んでいればよいのか」。京葉学院の「必勝カリキュラム」は、この素朴な疑問に答えるものです。現役生には現役生に適した学習カリキュラムがあります。速すぎても、遅すぎても良いわけではありません。英語・数学は重要ですが、その教科ばかり勉強するわけにはいきません。そこで京葉学院では、現役生にとって最適ペースの進度、そして深度となるよう、カリキュラムが組まれています。現役生のみを対象とする京葉学院だからこそできる、最適のカリキュラムと言えます。
必勝カリキュラム

現役合格テキスト

「現役合格テキスト」群は、必勝カリキュラムと連動し、実際の大学入試問題レベルを基準として、問題の選択・編集・配列がなされています。とはいえ、やみくもに難問ばかりをちりばめているわけではなく、基礎から確実にステップアップできるように構成されています。確かに最初は、基礎ですら難しく感じるかもしれません。また最難関大志望者にとっては、難問の連続と感じるかもしれません。しかし、このテキストの問題配列やレベルに接し続けることが現役合格力に直結すると信じて、最後までついてきてほしいと思います。
現役合格テキスト

暗記モノも授業内容も、ムリなく定着!授業連動型チェック・テスト

一見退屈そうで、大切と分かっていても中々続かない、暗記モノ。その「自力でコツコツ」が難しい暗記モノこそ、京葉学院に任せてみてください。京葉学院の各種チェック・テストは、そのほとんどが授業と連動しています。連動していないものでも、知識蓄積のためのペースメーカーとして活用できます。仲間と一緒に頑張れる。これなら難なく続けられる。繰り返しやるから、しっかり定着する、という良い循環が揺るぎない基礎力養成に役立ちます。
授業連動型チェック・テスト

高3生セレクトPlus制度

高3生が同一科目内で2講座以上を選択受講する場合、2講座目からは「高3生応援価格」で受講できます。高3生セレクトPlus制度をフル活用して、志望大学の現役合格をたぐり寄せてください。

高3生セレクトPlus制度

Flex講座

Flex講座は、学年に関わりなく、受けたい講座を選べるフレキシブルな受講システム。受講するタイミングを自ら選ぶことができます。

  • ●物理基礎講義、物理講義T、化学基礎講義、化学講義T、日本史T、世界史Tは、高1・高2・高3生が共に学ぶFlex講座
  • ●物理講義U/物理総合、化学講義U/化学総合、日本史U、世界史Uは、高2・高3生が共に学ぶFlex講座
授業連動型チェック・テスト